Apple

低音が強化されたAirPods第3世代レビュー

5年近く使っていた初代AirPodsが1時間バッテリーが持たなくなってきたので、第3世代のAirPodsを買いました。

2つの違いをまとめておきます。

縦長から横長へ変化した見た目

第一世代と比べると、ケースが縦長から横長に変化しました。 AirPodProに似た形になりましたね。

AirPodsケース比較

中身を比較しても違いは一目瞭然ですね。こちらもProっぽくなりました。

枝の部分が短くなったので、耳から垂れ下がるうどんとは、言わせませんね。

イヤフォン部分の比較

低音が強化されて聞き応えのある音に

初代よりも低音が強化されていました。

私はよくX-JAPANを聞くのですが、低音のズンズン感はBose に少し近くなったかな?という感じです。

まぁ、ノイズキャンセリングヘッドフォンには遠く及ばないんですけど、あくまで初代AirPodsと比較した感じでです。

空間オーディオは不思議な感じ

最初この機能を全く知らずにiPadにてAmazonプライムビデオで動画を見ていました。

すると、画面から顔を逸らすと、音も一緒に向きが変わるわけです。

あれ?AirPodsしてるけど、本体から音が出ているのかな?と錯覚しましたwでもこれが空間オーディオというやつらしいです。全くわからなかった。

バッテリの持ちは不自由ないくらい

何せ買い替え前のAirPodsが完全に電池がへたっていたので。それからすれば不自由なく使えるので、非常に電池の持ちはいいなと感じます。

ただし、会議用に買ったOpenCommは丸一日途中充電なしで持つので、それから比べれば電池の持ちは悪いですね。

Apple純正は切り替えの手間要らず

これ本当に最高です。OpennCommや他のBTイヤホンは機器が変わるたびに、ペアリングしてー。とめんどくさいです。

Apple純正なので、同じApple IDでサインインしておけば、デバイス間でペアリング先を自動で切り替えてくれます。

というか全部に勝手に繋がってると言った方がいいのかな?

iPhoneで音楽再生しながら、iPadでブログ書いている時にも、iPad側にもヘッドフォンマークがついていたので。

おわりに

やはりサードパーティ製よりも純正の方が、細かいことを考えずに使えるしユーザー体験がきっちり考え込まれているので、快適です。

これからもApple製品を愛用していこうと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。