ガシェット

Shoxz OpenCommのブームマイクが認識されなくなり新品交換になった話

Shoxz OpenComm のブームマイクが認識されなくなったので、修理までにやってみたことをまとめておきます。

これだけやっても、認識されなければ故障なので修理に出しましょうという一つの目安になれば幸いです。

オンライン会議で毎日使うガシェッドが壊れる

毎日オンライン会議があるので、使わない日はないと言っていいくらいヘビーユースしている、Shoxz OpenCommのマイクが認識されなくなりました。

日々複数のオンライン会議が入っているのでこれはなかなか致命的です。

昔使っていた、有線タイプのBose QuietComfort 25を取り出してきましたが、なかなか重いし蒸れるしで不快でした。。。

Shoxzへの問い合わせまでに試したこと

毎日使っているOpenCommが使えないのはなかなか痛かったです。

ただ、これまでにもBluetoothの問題で接続がうまくいっていなかっただけだったケースもあったので、その望みをかけて今回も以下のような対策はしました。

  • Macとペアリングの解除と再設定
  • 本体の初期化
  • フル充電からの一晩放置

ただ、何をしても結局回復せずで修理のために問い合わせをすることにしました。

Shoxz 問い合わせして修理完了まで

問い合わせ自体はShokzの Webサイト上のフォームから行いました。

すると本体のみ郵送するよう連絡があり、郵送しました。

先方に届いてから二日くらいで新品が発送されました。

このスピード感からそもそも修理はしないっぽいですね。というかできないのかな。

新品交換後のマイナーチェンジ

送付するものは本体だけなので、新品が返送されてきたらハードケースとケーブルが二重になりました。

AfterShoxz時代に買ったので、ケースの刻印が異なるのと、充電ケーブルの長さが長くなっていました。

同じ製品ですが微妙なマイナーチェンジがあってそこも楽しめました。

新旧ハードケース

おわりに

しばらく使えない期間があって感じましたが、やはり耳を塞がないし重さを感じないOpenCommって最高ですね。

また壊れたら OpenComm を買いたいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。