iPad

iPad での日本語入力の切り替え方法

iPadに外部キーボードをつけた際の日本語入力の切り替え方法を何度も忘れるのでまとめておきます。

地球儀キーの有無で異なる切り替え方法

iPad における日本語入力の切り替え方は接続しているキーボードの種類によって大きく2通りのやり方があります。

地球儀キーのあるキーボードの場合

Apple の純正キーボードやiOS向けに作られているサードパーティ製のキーボードには地球儀のマークがついています。

f:id:kawa_xxx:20220320113913j:plain
iPadのMagic Keyboard

この地球儀マークのあるキーボードなら、その地球儀キーボードで入力ソースを切り替えることが可能です。

地球儀キーのないキーボードの場合

地球儀マークのないキーボード、例えばHHKBなどiOSなどで使うことを想定されていないキーボードはどうすればできるのでしょうか?

f:id:kawa_xxx:20220320113936j:plain
地球儀キーのないHHKB

それは、 コントロール+スペース です。

もちろん、地球儀マークのあるキーボードでもこちらの方法は可能です。

なお、私は地球儀キーのあるMagic Keyboardでもこちらの方法で日本語入力を切り替えています。

こちらの切り替え方法が入力時の切り替えに適している気がしています。

なぜならば、Apple Memo などにおいては、入力ソースが以下の通り三つあっても上二つでトグルしてくれるような挙動をとってくれるからです。

地球儀の方は押すたびに3つを上から下へ行くためです。ただ、スペースの方でも連続で入力すれば、3つを順番に切り替えるという挙動になります。

  • English
  • 日本語ローマ字
  • 日本語かな

おわりに

挙動の微妙な違いが入力量の多いヘビーユーザのことを考えた仕様になっているのがさすがAppleという感じですね。

UXほんと大事。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。


Fatal error: Uncaught ImagickException: width or height exceeds limit `/home/c2566801/public_html/kawa-xxx.jp/wp-content/ewww/lazy/placeholder--137x-70.png' @ error/cache.c/OpenPixelCache/3688 in /home/c2566801/public_html/kawa-xxx.jp/wp-content/plugins/ewww-image-optimizer/classes/class-eio-lazy-load.php:1117 Stack trace: #0 /home/c2566801/public_html/kawa-xxx.jp/wp-content/plugins/ewww-image-optimizer/classes/class-eio-lazy-load.php(1117): Imagick->writeImage('/home/c2566801/...') #1 /home/c2566801/public_html/kawa-xxx.jp/wp-content/plugins/ewww-image-optimizer/classes/class-eio-lazy-load.php(654): EIO_Lazy_Load->create_piip(-137, -70) #2 /home/c2566801/public_html/kawa-xxx.jp/wp-content/plugins/ewww-image-optimizer/classes/class-eio-lazy-load.php(388): EIO_Lazy_Load->parse_img_tag('<img src="https...', 'https://cdn-ak....') #3 /home/c2566801/public_html/kawa-xxx.jp/wp-includes/class-wp-hook.php(307): EIO_Lazy_Load->filter_page_output('<!DOCTYPE html>...') #4 /home/c2566801/public_html/kawa-xxx.jp/wp-includes/plugin.php in /home/c2566801/public_html/kawa-xxx.jp/wp-content/plugins/ewww-image-optimizer/classes/class-eio-lazy-load.php on line 1117