lifehack

ブログのアイディアまとめにMindNodeを使ったら感動した話

今まではAppleのメモにブログの下書きをいきなり書いていました。

MinnNodeを使うようにしたら、内容の漏れやダブりが無くなり、早く書けるようになりました。

私と同じように、エディタでガシガシ書いていたけどもっと効率よくいい文章を書けないか?と考えている人の参考になれば幸いです。

マインドマップとは?

トニー・ブザンが考案した、頭の働きを活性化するためのノート法です。

詳細な書き方は他にも解説しているサイトが多数あるので、ここでは簡単に説明します。

下図のように、中央にテーマを置いてそこから放射線状に思考を広げていくものです。

この記事を書くためのマインドマップ

今回はありませんが、イメージを多用するのが本家マインドマップの流儀の様子です。そのほうが思考が広がりやすいんだとか。

マインドマップアプリ

マインドマップを書けるアプリは複数あります。以下の三つがメジャーどころでしょうか。

私が愛用しているのは Mind NodeでMac、iPad、iOSでのみ使えるソフトとなっています。

機能は非常にシンプルですが、作成できるマインドマップはとても美しいです。

無料版でも十分使えますが、背景が白しか使えないのでそのために課金しようかなと考えています。

ブログ執筆への使い方

それではここからは、Mind Node をどのように私がブログの執筆に活かしているのかをご紹介します。

全て無料の範囲でできることです。

無料で使えるのにブログの執筆効率を爆上げしました。

書きたいテーマを中央に書き、アイディアを出し切る

そのブログで何を読者に伝えたいのか?を意識しながら、思いつくこと、書きたいことを放射状に書きます。

これなんだっけ?など、ひたすら頭の中で何で?と疑問を自分に投げかけることで、新たな疑問が湧いてきます。

疑問が浮かばなくなるまでひたすら書き出して次のステップへ移ります。

テキストでExportし、清書する

MindNodeの機能でマインドマップの内容をMarkdownでエクスポートすることができます。

エクスポートしたらMemoに貼り付けて清書していきます。

以下の記事にある編集環境を駆使して、画像の加工やアイキャッチ画像を作成して一つのブログ記事にしていきます。

なぜMindNodeでまとめると良いのか?

なぜ私は大きく3つの利点があると感じています。

全体を俯瞰できる

マインドマップで全体を俯瞰できるので、同じことを2回書いてしまったなど重複を排除することができます。

これって、エディタで一から全部書いているとよくやってしまうんですよね。

網羅性が上がり、抜け漏れがなくなる

マインドマップを書いていると、メモに箇条書きで書いている時よりも、あれ?これ何だろう?と疑問に思いやすいと感じています。

そこから調べて、わかったことをマインドマップに追記していくと、どんどん広がっていきます。

自然と自分の知識も増えていくというやつですね。

並び替えが容易

ドラッグ&ドロップでノードの順番を入れ替えたり別のノードの下にくっつけたりできるので並び替えが容易です。

テキストベースだと、コピペでもできますがどうしても場所を間違えたり、手間ですよね。

おわりに

ブログ執筆になんでもっと早く使わなかったのだろう?ほんとそれにつきます。

マインドマップの存在は知っていたのに、Memoのバレット(箇条書き)で頑張っていたのがもったいなかった。

みなさんも騙されたと思ってマインドマップでアイディアだしをしてから書いてみてください。これまで以上に濃いブログ記事が書けるはずですよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。